• 丁重にお断り!親友にはしたくない女性の特徴

ガツガツしないで!好感度を上げるLINEテクニック




大人になっても女子にとって「恋愛」は大切な要素。 友だちと会っているときに好きな人からLINEが来ると、それだけでテンションが上がったり…。 しかし、LINEで距離を縮めていくときは、いろいろと気をつけなければいけないポイントもあります。 ガツガツと攻めすぎても、きっと逆効果でしょう。 そこで今回は、好感度を上げるLINEテクニックをご紹介してまいります。








■スタンプを連投しない



今まで当たり前のように使っていたメールとLINEの最も大きな違うところといえば「スタンプ」。 わざわざ文字で気持ちを伝えなくても、簡単なやりとりの場合はスタンプを代用できるようになりました。 なかには女子力満載の可愛らしいスタンプがあったり、ウケを狙ったギャグ系スタンプもあったりと、バリエーション豊富ですが、好きな人にLINEを送るときは、あまりスタンプを使わないほうが好印象にみえるでしょう。 そもそも男性はLINEが苦手、という話をよく聞きますよね。 ただでさえ面倒くさがっているのに、スタンプを連投すれば、さらに距離を置かれる可能性もあります。



■人生相談はしない



彼の興味を自分のほうに向けさせようと、人生相談をする人がいますが、彼はあくまでも彼氏ではなく、一人の友人。たとえお互いに好意を寄せていても、彼の自由な時間を奪ってまで、人生相談はしてはいけません。 どうしても彼を頼りにしたいなら「相談したいことがあるから、近々会えない?」とLINEではなく、直接会ってもらえるようにお願いをしてみましょう。 彼との距離をあまり縮められていない時点で相談メールを送ると嫌がられる可能性も。 今まで積み重ねてきたものを一瞬で壊さないように気をつけて!



■長文は絶対にNG



LINEを利用していると分かることですが、長文を送るとメール以上に密閉された空間のように感じませんか?しかも大抵長文メールを送るときは、あまりいいメンタルの状態ではないでしょうから、ほとんど絵文字もなし…。 彼女でもない女性から、いきなり長文メールが届けば、彼もさすがに困ってしまうでしょう。 もしかしたら長文メールを送ったことで、感情的な部分がみえ、他の女性へとシフトしていくかもしれません。 せっかくのチャンスを逃したくないなら、長文は送らずに、シンプルなメッセージを心がけましょう。 いかがでしたか? LINEは簡単にやりとりできますが、一歩でも踏み外せば、彼とのご縁もなくなってしまいます。 最初からガツガツと攻めず、まずは彼の様子をみながら、ゆっくりと距離を縮めていきましょう!













1202views
ガールズセンス