イライラしたら深呼吸!「LINE喧嘩」を防ぐコツ




仕事が終わって「おつかれさま」と彼にLINE。 ところが夜になっても返信が来なくて、結局来たのは翌日の夜。 そんなパターンを繰り返しているうちに、段々とイライラもたまってくるでしょう。 ただLINE上で喧嘩をすると、仲直りするまでが大変! どんなに相手に対して怒りを覚えても、上手に伝えられたらいいですね。 そこで今回は「LINE喧嘩」を防ぐコツをご紹介してまいります。




■イライラをぶつけそうになったら携帯を手放す



毎日LINEをしていれば、彼に対してイライラをぶつけたくなるでしょう。 もしかしたら彼には何も思っていなくても、仕事でストレスを感じれば、些細な言葉で引っかかって、イライラをぶつけているかもしれません。 いずれにしても、イライラをぶつけそうになったら携帯を手放しましょう。 もちろんLINEもSNSもすべてみずに、そっとどこかへ保管しておくのです。 イライラしていても、二人のためにいいことはありません。 携帯と距離を置くことで、喧嘩を防げる確率も少しは高くなるはず!



■深夜はLINEをしないと決めておく



日中は仕事に追われ、プライベートの用事も済ませなければならず、やることリストを考えているうちに、あっという間に時間が過ぎていくでしょう。 しかし、夜にもなれば、疲れが蓄積して、深夜には不安な気持ちをおさえきれず、なかなか寝つけない日もあるかもしれませんよね…。 どんなにネガティブな気持ちになっても、そのままの状態でLINEをしてはいけません。 きっとマイナスオーラが彼にも伝染して、二人でブルーになり、喧嘩へと発展していきます。 深夜はLINEをせず、伝えたいことがあるなら日中のうちにお伝えしえおきましょう。



■重要な結論はお日さまがでてから



「喧嘩」までとはいかなくても、お互いに話し合っていれば、重要な結論を下さなければいけないときもあるはず…。 たとえば、ずっと前から一緒に住むかどうか話し合っている流れであれば、タイミング次第ではLINEで最終的な結論を決めて、どう進めていくかを細々と打ち合わせする必要がありますよね。 重要な決断をくだすときは、必ず朝になってから。 夜に返信をしても、後から変更をお願いすることになりかねません。 もちろん喧嘩気味になって感情的に「別れて!」と伝えるのも絶対にNG! いかがでしたか? LINE上で喧嘩をすると、修復するまでに時間がかかります。 彼が「会いたくない」と言えば、話し合うチャンスすら与えてもらえないまま悶々と過ごさなければいけません。 仕事とプライベートの両立で疲れているのは、お互いさま。 イライラしても、そのまま感情をぶつけないように気をつけましょう!

















1162views
ガールズセンス