恋も仕事も全力で!20代のうちにしておくべきこと




成人式を迎えて30歳になるまでの道のりはあっという間。 ずっと学生気分でいたはずなのに、気がつけば周りは結婚ラッシュ。実際にそうなってから慌てて行動に起こしたところで、時すでに遅し…。 吸収率が高い20代だからこそ、たくさん行動し、失敗と成功を繰り返すことで、人生経験が豊富になっていくのです。 そこで今回は、20代のうちにしておくべきことをご紹介いたします。




■大好きな人に出会う



結婚するかどうかは別として、20代のうちに心の底から好きと思える相手に出会いましょう。30歳になって、妥協するかのように結婚をする大人の女性たちはたくさんいます。もしかしたら、一度も自分からは好きになれないまま、押されるままに結婚を選んでいる人もいるかもしれません。 20代なら恋に溺れたところで誰も文句は言わないでしょう。大好きな人を追っかけているうちに、失敗をするときもあるはず…。 その恋が永遠に続くかどうかが問題ではなく、心の底から好きだと言える人が一人以上いれば、もう十分幸せなのです。 自分から好きになって、相手も自分のことを好きだと言ってくれる…。 大人になればなるほど、それが当たり前のように思えてくるものですが、実は奇跡に近いこと。20代のうちに本物の愛を経験できれば、30代以降の恋愛も充実してきます。



■時間を忘れるくらい働く・学ぶ



仕事は生計を立てるために必要なことです。 でも、ただ「お金のため」と言い聞かせながら働くよりも、もう呼吸をするくらい必要不可欠な天職と巡り会い、時間を忘れるくらいに働ける日々を送れたほうがもっと幸せ。 どうしても、天職がみつからないなら、夢中になれる趣味や勉強をみつけるだけでも、30代以降の人生が変わってくるでしょう。 20代後半になり結婚・出産と、次々にステージが変わっていけば、どうしてもプライベートを優先し、仕事をおさえなければいけない時期があります。20代は、まだまだ伸び盛りの時期。なににも縛られない今だからこそ、たくさん失敗・成功をして、経験を積みましょう。



■家族との時間を大切にする



20代後半にもなれば、上の世代からお別れしなければいけない人がでてくるかもしれません。祖父母が亡くなり、両親が亡くなりと、人の一生と向き合う瞬間も多くなります。 そうなってからでも、もちろん親孝行をすることに意味がありますが、20代前半から家族との時間を大切にすることで、より親孝行する時間を増やせるでしょう。 今までは、両親に守ってきてもらったことが多いはずです。 しかし、30代に入れば今度は私たちが両親をサポートしなければいけない時期が必ず訪れます。20代のうちから家族との時間を濃密にすることによって、家族それぞれが将来に備えて準備ができるのです。 いかがでしたか? 30代になると、20代のように、友人や仲間たちとただ楽しいだけの関係でいられなくなります。特に女性同士は、既婚・独身などのステータスによっても付き合う人間が変わってくるものです。 だからこそ、20代のうちに楽しめることは楽しんで、30代になってから後悔しないように、1日1日を丁寧に過ごしましょう!

















822views
ガールズセンス