もうイヤ!女同士の友だち付き合いに疲れてしまったときの対処法




女同士は楽しいようで、ちょっと複雑。 ほんの少しだけでも誰かが前に進むと残りの人たちは、面白くなかったり…。 女同士の友情は、とても脆く、何かの拍子にあっという間に距離を置かれることも少なくないのです。周りのペースに巻き込まれず、もっと肩の力を抜いて付き合える人が増えたらいいですよね。 そこで今回は、女同士の友だち付き合いに疲れてしまったときの対処法をご紹介いたします。




■その子は本当に大切な友だち?



SNSを眺めていると「本当にそれで楽しいの?」とツッコミたくなるような記事はありませんか? 30歳が近づいてきているというのに「おそろいのものを買った」「来週も会いま~す!」と、10代と変わらないような投稿ばかりして、自分を満足させようとしていない? しかし、実際に会って個々に話を聞いてみると、それぞれ「○○ちゃんはさ、口が軽いんだよね」「たまに会うけど、そこまで深い話はしない」と、SNS上と実態が異なるケースも多々あったり…。 そもそも、あきらかにあなたがいない場所で悪口を言っているような友人たちと付き合っていても、貴重な時間を無駄にすることになります。 本当に相手も友だちだと思っていたら、決して悪口は言わないでしょう。 そろそろ信頼できる友人だけをセレクトしてみては?



■男友達も大切に



女同士の友情は、たった一言でも崩れる場合があります。 それまでどんなに「私たち親友だよね」と言っていても、お互いにいる世界が違ってしまえば、それぞれお付き合いすべき友人も変わってきてしまうでしょう。 女同士の付き合いに疲れてきているなら、男友達とのデートも楽しんで愚痴を聞いてもらいましょう。たとえ彼氏ができたとしても、男友達とのお付き合いは大切にするべき!お互いに異性だからこそ、アドバイスできる範囲もあるでしょう。 1か月あるうちの少ない休日をすべて女同士のわちゃわちゃに費やさないように!



■大人になるたび深い付き合いはできない



大人になるたびに友人とは深い付き合いはできません。 もちろん、本当の親友は必要です。 しかし、親友は親友の生活があり、家庭をもっていれば、今までのようにべったりなお付き合いはできないでしょう。 いつまでも学生時代を引きずっていても、結局、女同士のもめごとに巻き込まれるだけ! それぞれ友人たちとお付き合いするスタンスやこだわりはあるかもしれませんが、深い付き合いというよりも、お互いが自立し、いざとなったら助け合える関係が理想的ではないでしょうか? いかがでしたか? 女同士の付き合いに疲れたら、適当な理由をつけて抜けだしましょう。 男友達とデートっぽい時間を過ごすのも、それはそれでモチベーションが上がります。もしかしたら肌ツヤもよくなるかもしれません。一人の友人に依存することなく、誰とでも適度な距離を保ちながら、楽しい時間をシェアしましょう!

















760views
ガールズセンス