• 丁重にお断り!親友にはしたくない女性の特徴

好き?嫌い?女子会に参加するメリット・デメリットとは?




女子同士の集まり。 オシャレなカフェでワイワイと騒ぐ時間がストレス解消という方も多いでしょう。 しかし、なかには女子会に行くくらいなら、もっと他のことをしたいと思っている人もいるはず。 女子会関連のイベントだけで予定が埋まるのは避けたいですよね。 そこで今回は、女子会に参加するメリット・デメリットをご紹介いたします。




■女子会に参加するメリット「最新の情報が知れる」



女子会に参加する最大のメリットは、やはりいち早くトレンドを知れること。 自分としては情報収集を徹底し仕事に活かしているつもりでも、トレンドに敏感な女性からしてみれば、まだまだ序の口…。「○○流行っているんだって!」と、最新情報について知れるのはお得でしょう。美容やエンタメ関連だけではなく、仕事についても話し合える女子会なら、何度行っても楽しそう!ただし、終始、その場にいない人の悪口を言うような女子会なら、これ以上巻き込まれる前にそっとフェードアウトしましょう。



■女子会に参加するデメリット「面倒くさい」



女子同士が集まると、どうしても誰かの悪口に発展します。 女子が「女性」となり「ママ」になっても、それは永遠と続いていくでしょう。元々うまく立ち振る舞えず、不器用なタイプなら女子会メンバーとは一定の距離を置くべき。誰がいつどんなふうに悪口を言うか分からない状態で過ごすなんて耐えられない!心の中で「面倒くさい」と思っているなら、いっそのこと女子会への参加をやめるう方法もあります。多少友人が減っても、女子会に参加することでストレスがかかるくらいなら、さっさと身を引きましょう。



■マウンティングの被害に遭うかも!?



外からは仲良しこよししているようにみえても、実際は中がドロドロ…。 それが女子の世界というものです。大人になれば、キャリア・結婚・出産とそれぞれが選ぶ選択肢によって共鳴する人物も変わり、変化があるたびに、自分と共感してくれる人を必死に探して、別の道に歩んでいる人たちに対して攻撃的な態度をとる人もいるでしょう。いわゆる「マウンティング」ですね。上から目線で勝手に自分の人生を評価される前に、女子会への参加をたまには見送るか、あるいは女子会メンバーとの付き合いをやめるか、対策をとるべき! いかがでしたか? 女子会に参加していて「楽しい」と思えるなら、引き続き友人たちとの時間を楽しみましょう。 心のどこかでストレスを感じているなら、もう無理をしてはいけません。 ほどよくお付き合いしていけるように、ほんの少しだけでも距離をとってみては?

















661views
ガールズセンス