丁重にお断り!親友にはしたくない女性の特徴




唯一無二の存在=親友。 あなたには親友がいますか? なかなかみつけられていないなら、どこか距離を置かれる原因があなたにあるのかも…。 大人になっても親友はみつけられます。 このままずっと、ひとりぼっちにならないように、改めて自分自身について振り返ってみましょう。 そこで今回は、親友にはしたくない女性の特徴をご紹介いたします。




■自分の話しかしない人



日頃、仕事とプライベートの両立をがんばっているから、たまに友だちと会ったときは、つい調子にのって自分の話をしちゃう。「どうなの?」と自分から振っているはずなのに、気がついたら、また自分の話に戻っていませんか?おそらく、その相手からしてみれば、あなたは少し自分勝手と思われているでしょう。彼女だって、がんばっているし話を聞いてほしいのは同じです。あくまでも、お互いに親友同士でいたいなら、ちゃんと相手の話も聞いてあげましょう。一方的に話してばかりいると、たとえ親友ではない人と会っていても不快に思われ、不信感をもたれます。



■平気で嘘をつく人



みんなにいい顔をする女性ほど危険なものはありません。 一見、分け隔てなく接しているように思われますが、実際は相手によって態度を変え、平気で嘘をついているのが実情でしょう。もちろん、そんな人物を親友と認定するのは危険。たとえば、彼女にしか話していない話がいつの間にか広がっていたことはありませんか?おそらく、あなたの前では「誰にも話さないよ」と言っておきながら、平気で他の人に情報を流すタイプ。人は見た目だけですべてを判断できません。親友と認める人を間違えないように気をつけて!



■すぐに真似る人



親友同士とはいえ、人が身につけているものや行っていることを簡単に真似ていいわけではありません。たとえば、いろいろ考えた末に髪型を大きく変えた瞬間に「可愛い」と言っておきながら、翌日か1週間には同じ髪型をしてくる…。あるいは、ちょっと可愛いアクセサリーをつけているだけで、同じように真似をする。仲がいいからといって真似てばかりいては、相手は迷惑がるでしょう。どんなに真似たところで、その人自身にはなれないのです。どうしても同じことをしたいときは、一言詫びるくらいは、してもいいのでは? いかがでしたか? 親友として選ぶべき人を間違えると、日々の暮らしの質も大きく変化してきます。 友だち100人いるよりも、本当に理解してくれる人が2~3人いるだけでもう十分。お互いに「親友」と思えている人がいるなら、ほどほどな距離は維持しておきましょう♡

















793views
ガールズセンス