ルーズよりはマシ!?ケチな彼と上手に付き合うコツ




「俺の趣味は通帳をみること」 もし、お金にうるさい彼と付き合うことになったら、あなたはどうしますか? お金にケチな男性と付き合っても決してデメリットだらけではないはず。 ポイントさえおさえれば、どうにか工夫をしながら一緒に過ごせるでしょう。 そこで今回は、ケチな彼と上手に付き合うコツをご紹介いたします。




■お金にルーズな人よりは家庭的



お金にケチな男性は、いろいろとこだわりがあって、正直面倒くさいと思うときもあるでしょう。 一緒に貯金を始めようと、せっかくこちらから提案しても「振り込み手数料がもったいない」と、わずか数百円の出費すらもケチをつけてきたり…。お金にルーズすぎても困りますが、あまりにもきつきつな対応を求められると、大変というよりも、とにかく面倒くさい!「勝手にしろ!」と言いたくなるところですが、よく考えてみると、お金にルーズすぎるよりかは、まだ貯金を貯める男性のほうが家庭的かもしれません。ルーズとケチ、どちらの男性が結婚生活に向いているかといわれると、やはりケチな男性でしょう。多少口うるさいのは、目をつぶるしかない…!?



■一緒に節約生活を楽しむ



お金に対してケチというのは、捉え方次第では、確実の貯金を貯める男性とも思えます。 つまり疲れない範囲で彼のペースに歩み寄れば、自分自身も貯金癖が貯まる可能性もあるのです。たとえば、彼があまり外食を好まないからといって、デートを楽しめない、と嘆くのではなく、一緒に料理を楽しんで、自炊のスキルを上げていけば、貯金以外にもメリットがあることに。一人だけだったら、適当に済ますところも彼のペースに合わせることによって、二人の貯金のペースも上がってくるでしょう。彼を「ケチ!」と責めるよりかは、一緒に節約生活を楽しむくらいの意識が必要なのかも!?



■メリハリをつけながらデートを楽しむ



本当にケチな男性でない限り、ここぞというときは惜しみなく出すはずです。たとえば、今まで一緒に節約生活を徹底してくれた彼女と結婚することになったら、結婚式の費用は多めに負担をしてくれるかもしれません。常に何かを与えられるよりも、一緒に節約生活に励み、ここぞというときにポンっと出してくれたほうがありたがいはず。常に我慢し続けるだけでは、あなたも節約生活を維持できません。たまには、二人で思いっきり買い物を楽しむ、どこかへ旅行へ行くなど、ケチな彼にメリハリをつけながら楽しむことを提案してみましょう。



いかがでしたか?



ケチな彼と付き合うと、とにかく細かくて「うるせぇ!」と言いたくなるものです。 しかし、あくまでも彼以外の男性が目に入ってこないなら、歩調を合わせるしかありません。無理のない範囲で、一緒に節約生活を楽しみながら、二人でコツコツと将来に向けて貯金を貯めていきましょう!









1113views
ガールズセンス