癒される!一緒にいると落ち着く友人の特徴




友人といっても、一緒にいるとやたらとがんばらなければいけない女子もいれば、何も気にせず自然体でいられる女子もいたりと、友達にも種類があるはず。 できれば、どんな人にとっても「癒される」存在でありたいですよね♡ もしかしたら、親友と言いながらも相手は不満を抱いているかもしれません! そこで今回は、一緒にいると落ち着く友人の特徴をご紹介いたします。




■聞き上手



一緒にいると落ち着くと思う友人たちは、きっと皆さん聞き上手でしょう。 自分の話をした後にちゃんと「あなたはどうなの?」と話を振ってくれたり、悩みを最後まで聞いたりと、聞き上手のはずです。今はカフェに入っても、それぞれが自己主張しているだけの女子会も多く、そんな中、聞き上手の女性たちは大活躍しているんでしょう。みんなにとって癒しを与えてあげられるような存在になりたいなら、ぜひ聞き上手を目指してみてください。 ただ相槌を打っているだけではなく、きちんとお話を聞いていますということが相手に伝わらなければ意味がありません。相手の話を遮らずに、ちゃんと最後まで聞いてあげるだけでも、聞き上手へと近づくことができます。



■自分の思っていることを言ってくれる



友達同士であっても仲が深まるきっかけは、やはりお互いの悩みを共有し合えたときでしょう。相手も不安なことを話し、こちらも悩みを打ち明ける…。そういう関係が成立すると、絆が深まった感覚をもつのではないでしょうか?ただ話を聞くというよりも、悩みに対して自分の中で大体決まっている結論を相手が言ってくれたときに、信頼関係が結ばれるものです。同時に一緒にいても癒され、どの友人よりも、落ち着いて過ごせるでしょう♡



■気を遣える



友人同士とはいえ「親しき中にも礼儀あり」が基本です。 お互いに親友と認め合えたとしても、常に相手を気遣うことが長くお付き合いしていく秘訣です。たとえば、友達が体調を崩しやすく不安定な要素を抱えているなら、相手がなにか言ってくる前に「少し休憩する?」「飲み物でも買ってこようか?」と声をかけることで、相手にとっては貴重な存在へと変わっていくのです。友人が抱えている悩みや問題を他人事と割り切っている人にではできないことでもありますね。何年経とうとも、友人に気を遣える人は周囲からも一目を置かれているもの。



いかがでしたか?



一緒にいると疲れる友人は、自己主張だけする人。 相手を気遣うどころか、自分さえよければいいと思っていることがバレバレ。 みんなに信頼してもらえるように、友達歴が長くなっても細かい部分まで配慮できるように意識しましょう♡









667views
ガールズセンス