本当に友達?大人になっても仲良くしていたい友人の条件




「親友だよね」と言いながらも、時が経って都合が悪くなると距離を置くのが女性ならではの人間関係の築き方。大人になってからも、ほどよい距離で付き合える友人がたった1人いるだけでも、毎日過ごすうえで安定してきます。 あなたが友達だと思っているその人は、本当に友達? 今回は、大人になっても仲良くしていたい友人の条件をご紹介いたします。




■口が堅い人



学生時代とは違って大人になると、恋愛トークはほどほどに終わらせて、お互いの仕事の愚痴をこぼすときがあるはずです。そのときに別の友人に話を漏らす人を相手にしていると、いちいちこれは話すべきかどうか考えながら話さなくてはいけません。正直、疲れますよね。 親友の条件としては、口が堅く秘密にしておいてほしいことをちゃんと守ってくれる人です。あきらかにその人に喋った途端に情報がもれているなら、彼女はあなたほど友人だとは思っていないのでしょう。



■自分の話も聞いてくれる人



お互いに時間をつくって会っている以上、片方のお話だけがメインでは、聞いている側にとっては苦痛な時間になるでしょう。ひたすら、彼氏とののろけ話を聞かされても、心の中では「あ~面倒くさい!」と思っているはずです。きっと一緒に過ごしていて落ち着く友人は、ちゃんとあなたの話も聞いてくれたうえで自分の弱い部分もさらけだしてくれるのでしょう。自分の話ばかり一方的にする人と一緒にいても疲れるだけ!



■自分以上にがんばっている人



これからも仲良くしていきたいと思っている友人たちは、自分にはないものをもっていて、自分以上にがんばっている人が多いのではないでしょうか? ハードワークをしながらも一人暮らしをしていたり、恋とうまく両立していたりと、見習いたいと思う部分が多ければ多いほど、これからも友達でいてほしいと思うものです。一生懸命がんばっている人と一緒にいると、ワクワクした気持ちにもなれますよね。きっとお互いにプラスのエネルギーを交換できているのでしょう。



いかがでしたか?



あきらかにあなたに対して嫉妬むき出しの対応をしてくる友人は、とても友達とは呼べません。彼女から連絡がくるたびにストレスを感じているなら、早めに関係を断っておくべきでしょう。大人になっても仲よくしたい友人がいるなら、どんなに忙しくても定期的に会って、元気と勇気をたくさんいただきましょう♡









731views
ガールズセンス